外国人のビザ申請、帰化申請、法人設立のことなら国際業務専門の横浜ワールド行政書士事務所にお任せください。

外国人のビザ・帰化専門

横浜ワールド行政書士事務所

営業時間

10:00~19:00
(土日祝を除く)

帰化?それとも永住?!

 私たちのライフイベントには、就職、結婚、出産、子育て、セカンドライフといった、さまざまなイベントがあります。そしてこれらのイベントは、ご存知のように、個人が自由に選択することが可能です。

ビザに関しても、ある程度は自分の意思や能力等によって自由に選択することが出来るようになっていますが、ビザはライフプランと違い、有効な期間(在留期限)が定められています。慎重に判断していくことが何よりも重要であり大切なことなのです。

例えば、生涯を日本で暮らす予定の外国人の方の場合、「永住」か「帰化」かどちらかの選択をする必要があります。

日本は今、高度人材ポイント制度等、外国からの人材の受け入れに力を注いでおり、今後も日本に在留する外国人は増え続けると考えられます。

永住審査の要件や帰化審査の要件のいずれも、日々刻々と変化しております。

帰化の要件、永住の要件が合致するのなら、このタイミング”で、将来の選択を考えてみてはいかがでしょうか。

「帰化」と「永住」の比較

帰化・永住 どちらでも共通
  • 生涯を日本で暮らせます。
  • 法律に違反しない限り、どんなお仕事でもOK。
  • 社会的な信用が高まるため、住宅ローンの利用やビジネス上でも有利になります。
帰化・永住 違い

帰化

  • 本国で取引等を行う場合には、外国人登録を受ける必要があります。
  • 選挙権及び被選挙権が与えられます。
  • 在留カードの所持義務や入管での手続きは無くなります。
  • 家族で同じ戸籍に入る事が出来ます。

永住

  • 万が一の場合(交通事故等)、強制退去処分を受ける事になります。
  • 参政権はありません。
  • 国籍を変更する必要はありません。
  • 出入国の際に、指紋や写真の提供が必修です。

永住許可申請 料金のご案内

永住許可申請¥120,000~
  • 別途印紙代が必要です。(永住許可申請¥8,000)
  • 札幌入国管理局、広島入国管理局、高松入国管理局、福岡入国管理局の管轄地域については、別途交通費¥50,000を頂きます。

帰化申請 料金のご案内

帰化申請時に必要な資料の翻訳費込みの金額です。

会社員・会社員に扶養されている方¥180,000(税込)
同居家族一名追加¥62,000(税込)
法人の役員の方、自営業の方(加算額)¥32,400(税込)
友だち追加数